FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

category :感想

読書感想文・「空言ミストノーツ」1・2(※ネタバレ注意!)


 ツイッターで叫び散らかしましたが、青波零也さんの「空言ミストノーツ」1・2巻を読了いたしましたので、その猛る思いを(笑) ここに書いときます。

 ※なお「空言ミストノーツ」は青波さんのサイト「シアワセモノマニア」で連載が開始されております。


警告:本編のネタバレになる内容が含まれている

推奨:「空言ミストノーツ1・2巻」読了後の閲覧


 何書いてもネタバレになるから表に置けないので(笑) 畳んでおきますね。
 いってみよー。




テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・11


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




ケヤキノ海 梅川ももさん サークル名:雑食喫茶

…美味しいご飯を作って待っていてくれる人がいるって、ものすごく素敵だなあ……。稜子さんはどうやら江の島推しのようなので、きっとあちこち案内してもらえるのでは。ますます素敵な週末になりそうですね♪


島に伝わる二番目の足削ぎ師についての記録 まりたつきほさん サークル名:漣編集室

…タイトルからして目を引くお話でしたが、気怠くたゆたう夢の中にいるような、そんな印象。
人魚の足ってそんな風に作っていたのか……!! リクエストにも驚きでしたが、それに応えられるのもすごい……。


モルグ海の殺人 乃木口正さん サークル名:妄人社

…素晴らしい推理! しかも最後に素敵なオチまでつけてくれるお茶目さ! 彼女の鼻を明かせるようになるには、まだまだ修行が必要そうですね、ワトスンくん?


7月は悪夢の季節 ばんりたかひろさん サークル名:万里波濤

…あっやばい、世界が終わる――と思ったら、まさかの……(ガクブル)
(でっかい黒猫が出てきて踏みつぶされる、ではなくて良かった)(よかった?)


黒い海と金の冠 遙か北東の十字路を行く 久志木梓さん サークル名:華亭の鶴

…陸は繋がっている。そして、人も、時の流れも、やはり綿々と続いていくものなんだなあ、としみじみ思いました。彼のように広く知識を収集し、編纂しようと志す者がいなければ、それもまた時代の波に埋もれてしまうのですが。


招待状 300字企画さん サークル名:300字企画

…こう来たか!!(にっこり) ちなみに、集めた300字SSポストカードを帰宅後、整理するために床いっぱいに広げていると、まさに「ポスカの海!」「SSの海!」ってなるのでおすすめです。(何を勧めている)





 4/16からはじまり6/9まで、55日間で156作品の「海」が集まったわけですね。
 今までずっと、アンソロ感想が呟けないまま公開が終わってしまって、感想ボタンをぽちぽち押すことしか出来なかったので、今回は「当日公開分だけコツコツ呟いてりゃ終わるだろ!」という軽い気持ちでアンソロ感想マラソンを始めたのですが、意外にゴールが遠くて、ちょっと途中くじけそうになりました(^^ゞ

 しかし、全作品を拝見して、「意外にネタ被りがほとんどなかった」「あらゆるジャンルであらゆる解釈が可能だった」ということを感じたので、まさに「海の懐の深さはまさに大海のごとし!」ということですね。

 感想というか、読んで感じたことをだらだら書いてただけですが、多少なりとも誰かが作品に触れるきっかけになったらいいな、と思いつつ。

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・10


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




汀にて 永坂暖日さん サークル名:夢想叙事

…ああ……なんて悲しい。すべての思いが、すべての視線がすれ違って、悲しい結末へと。


星の雫の落ちる日は 石井鶫子さん サークル名:ショボ~ン書房

…なんというきらきらした物語! 素敵なもので溢れ返る祭の市。麗しい青年が立つ不思議な「妖精屋」。祭の日の、あのなんとも不思議な高揚感♪ 小さな魚の彼女が、煌めく星の海を泳ぐことが出来ますように!


サーモとカティ オカワダアキナさん サークル名:ザネリ

…ああー! なるほどそういう「魔法」! お茶目な伯父さんと伯母さんは、実にお似合いの夫婦だったのだなあ。そしてその血は受け継がれ――といったら「ぼく」はへそを曲げそうだけれど(^^ゞ


いつか、約束の海へ 青川有子さん サークル名:アリスチルス月面研究所

…サトルの後ろをひよこみたいにくっついて回る一之江さんが可愛らしい! 何やら事情のあるらしい彼女、念願の海で超ハイテンションで暴れているかと思いきや……。人生がどんなに思い通りにならなくとも、いつか――思い描く「いつか」に辿り着けるといいなあ、と。


海辺にて 堺屋皆人さん サークル名:S.Y.S.文学分室

…折角のバカンスが、一転して悲劇の舞台へと変わる。推理はどうやら正しかったようですが、なんとも苦い結末に。


Now Loading 姫神 雛稀さん サークル名:春夏冬(あきなし)

…山と海を繋ぐ鉄道、アナウンスに乗って流れる景色が目に浮かびます。
たった二人の「港都まちびらき三十年担当」は何もかも正反対で、実に良いコンビですね♪


喫茶かもめ 桂瀬衣緒さん サークル名:SiestaWeb

…動じないマスター、肝が据わってると思ったら……!! 「次」までにお茶汲みの腕を磨いておかないと、ですね。


朽ちた人魚姫 nanoさん サークル名:ネコと菜の花

…海に「ひかれて」しまった、悲しい人魚姫。悲しみや辛さを引き寄せる、そんな力もある海は、美しくも恐ろしい存在です。


ちゃんと笑える時まで 神無月愛さん サークル名:緞帳と缶珈琲

…「不幸中の幸い」という言葉は、かけられる方にとっては呪いのようなものでもありますね。何が幸いなのか、何も幸いではないのに。なぜ自分なのか。なぜ自分ではなかったのか。ぐるぐると回る思考を海に全部受け止めてもらって、いつかはきっと、笑えるようになる日が訪れますように。


暗き波間から見上げるひかり ○まるさん サークル名:キノコ本舗。

…く、苦労性……!!(涙を拭う) なかなかに天真爛漫な勇者様ですが、お仕えしがいがありそうですね(^^ゞ


いつかまた君と、ここで 永坂暖日さん サークル名:夢想叙事

…もはや仮想世界でしか楽しめない「夏の海」でプチデート。リアル過ぎる”仮想夢”は、時に悩ましいものですな(^^ゞ 見えそうで見えなかったものを現実に拝むためにも、せっせとバイトしてお金を貯めないとね♪


海と金魚 Mikiさん サークル名:ネコと菜の花

…なりたい自分と今の自分は遠くかけ離れていて。世界からも拒絶されているような、そんな息苦しさ。それでも「少しずつ混ぜることが出来る」と言えるちーちゃんの強さ。
お互いが「息継ぎの場」になれるなら、この苦しい身体も、世界も、きっと少しは優しいものに。


泡沫の墓標 土佐岡マキさん サークル名:眠る樹海堂

…ぎゃー、孤島に探偵が、と思ったらまさかのどんでん返しに「やられたっ!」となりました。しかし、ブラフだったのかもしれませんけど、「呪われた一族」って、ホント金は怖いなあ……。


我海想わざれど、海無き事なし。 ばんりたかひろさん サークル名:万里波濤

…海にまつわる短歌5首。それぞれの「海」。遠く、広く、煌めいて。そして懐かしみ、思い返す。海から連想されるものは多々あれど、ここに読まれているのは穏やかな方の「海」。怖い「海」が続いていたのでほっこりしました。


海の忘れもの 木村凌和さん サークル名:夢想甲殻類

…美しくて怖い海の音と匂いが濃厚に立ち込める一作。同じ出来事をきっかけに、海に惹かれてしまった彼女と、海を恐れる彼。必死に遠ざけていた海へ再び向かう理由もまた、もしかしたら同じようで正反対なのかもしれないな、と。

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・9


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




うたかたに消える 白藤宵霞さん サークル名:花綵

…東洋と西洋、ふたつの世界に伝わる「人魚」の伝説。そのどちらも悲劇で終わってしまうけれど、それらとは違う結末を迎えた、人魚と少年の、悲しくも美しい物語。


凪の海 有喜多亜里さん サークル名:エイリアス

…七年ごとの贄、人外に好かれる少年。昔話かと思えば意外や意外、現代日本が舞台でしたが、何だかんだで面倒見のいい「魔」と、どこか浮世離れしている少年のコンビ、なかなかに息が合いそうだなと思いました。十四年後がどうなるか、楽しみです。


瑠璃色の夢 坂本蜜名さん サークル名:藤墨倶楽部

…不思議な国の、不思議な少女。夢を売るという彼女は、もしかしたら命の終わりを見届ける役目をも担っているのでしょうか。とても切ない、瑠璃色の夢。


炉心遊海 秋助さん サークル名:感傷リップループ

…ああー、切ない……。世界の存亡と、自分達の命。天秤に乗せられるわけがない、どちらも大切なもの。
最後に流したメッセージボトルが、どうか光の彼方に届きますように。


葬送 ーワスレナグサー 蒼依結那さん サークル名:風花の夢

…スズが一体何をしたのか。二人が行った「命の魔法」とは、一体どんなものだったのか。そして、お師匠さんであるソフィアの存在も、これまた謎めいて。背景が気になるお話。


海の上より、空の向こうの友人へ 夕凪悠弥さん サークル名:オービタルガーデン

…置かれている状況はかなり深刻なのに、女の子たちは明るくわちゃわちゃしていて、とても微笑ましいなーと思いました。しかしあのメール、不時着と聞いて心配していたところにこの内容が来たら、そりゃ噴くわ……(^^ゞ


魔法薬剤師の処方箋 「ケース雨女」 ほたさん サークル名:夢花探

…とんでもない依頼が来たなと思ったら、これまたとんでもない「体質」というか、「生まれ」だったようで……。折角の水着が無駄になってしまったけれど、海以外の水遊びも色々あることだし、ここは責任を取ってアニー先生にプールとか連れてってもらったらいいと思うんです!


遙かなる、その先へ 青銭兵六さん サークル名:POINT-ZERO

…空と海が接する先へ。きっと誰もが一度は夢見て、しかし追いかけることをあきらめてしまうものを、自分さえ捨て去って追いかけた男。しかし、その熱き血は確実に受け継がれていたようで。海の果て、空の果てに、目指すものが見つかりますように。 


海の日 病氏さん サークル名:城東ぱらどっくす

…そ、そこまで増えられたらもう、覚えきれない!! しかし休みがあるというのはいいことです。年の半分が休みでも一向に構わない!!(真顔)


星の海 遠い願い 深海いわしさん サークル名:雨の庭

…星を探す老人。彼に救われた少女。なるほど、プラネタリウムに映し出されている星は、もうすでに誰かが見つけた星ですもんね。
そこにない星を探して。それはとても困難だけれど、きっと彼女もまた、生涯をかけて臨むつもりなのでしょう。


すべてがかえるうみ ¥堂 文景さん サークル名:テトラツインテヰル

…電脳の海の浦島と乙姫。そこがたとえ人工的に構築された虚構の世界であっても、安息の地には違いないわけで。しかしお仕事のトラブルの方は大丈夫だったのかしら(^_^;)


海に投げ入れられるのは誰か 作楽シンさん サークル名:桜月亭

…船あるある、昔あるあるの、何気ない雑談かと思いきや……こここ怖いっ……!!


本当は良いエビなんて存在しない ナカタサキさん サークル名:全日本エビフライ過激団

…自分の「好き」をあけっぴろげにできない気持ち、分かるなあ。でもそのせいで、しなくていい苦労や悲しみを味わうのは辛い。思い切って出かけていった海での、ちょっと気味悪い経験が、それを吹き飛ばす起爆剤になってくれたなら。エビに罪はないけれど。


月のない夜 梔子花さん サークル名:謂はぬ色

…月のない夜。決死の逃避行。国同士の事情などかなぐり捨てて。それを承知のように、静かに凪いでくれた夜が優しくて。海を越えて繋がる命。大陸の運命が大きく変わるのは、もっと先のお話。


晴れの海から 行木しずくさん サークル名:空涙製作所

…月に取り残された人々の「いつか必ず」は、恐らくは自身に言い聞かせるための「願い」なのかな、と。青き星への道行きは、例えそれが片道切符だとしても、呪いにも似た願いよりは現実的な「希望」で。若い二人だからこそ、それに手が伸ばせるのだろうな、と。

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・8


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




平日、春の海 砂塩香味さん サークル名:紅茶とケーキ

…通り抜ける電車。見つめる彼女の瞳。辿り着いた海と空の青、砂浜の色。すべてが目に焼きつくようなお話。まるで映像作品のようにシーンが鮮明で、それだけに切ない。


浜の名前 砂原藍さん サークル名:暁を往く鳥

…あの日の海。遠い記憶の中の海。あの日を境に、色々なものが変わってしまったけれど。傷跡が消えても記憶は残る。どんなに遠く、霞んでしまったとしても。心の中で、今も波音を響かせているのだろう、と。


県民の日 葉原あきよさん サークル名:オレンジ宇宙工場

…ふふ、うっかり乗り過ごした先で素敵な偶然の出会い。物おじしない少年がとてもいいキャラクター。二十九か月ぶりのオムライス、とてもほっこりしました♪


夜の海 とやさん サークル名:さらてり

…夜毎に水面を見つめ、波間にとぷん、と沈んで、深い深い、海の底へ。繰り返されるそれは「眠り=かりそめの死」にも似て。命はみな夜に沈み、朝に生まれるのだと。


伝えなかった未来の約束 呉葉さん サークル名:えすたし庵

…世界の果て。誰も辿り着けない宝島。その言葉だけでもわくわくどきどきしてしまいます! 確証もないそれを追いかけることは、とても難しくて。夢見るだけでは突破できない現実に、何度もぶち当たって。それでもあきらめないジークは本当に強いな、と思いました。


樹海で一番怖いのは 野間みつねさん サークル名:千美生の里

…ぎゃああ、何と怖い「擬態」!! 「能力」が使えないというだけで恐ろしい樹海に、更にこんな恐ろしい生物が生息しているとあっては、迂闊に足を踏み入れられません(>_<)


真里子 犀川ゆう子さん サークル名:eatitiqua

…きっと二人とも、自分の感情を伝えることが出来ていなくて、そも、その感情について言い表す適切な言葉を知らなかったかも知れなくて。
ベクトルの違う、でももしかしたら同じだったかもしれない思い。
それ故に、十年前も、そして今回も、こんなことになってしまったのだろうなあ、と……。

海を渡った女 高麗楼さん サークル名:鶏林書笈

…彼女が「竜宮城」を拝むことが出来たのは、まこと「褒美」であるのだと。誠実さは彼女を裏切らなかったし、彼女も己の誠実さに常に向き合っていたからこそ、この褒美は与えられたのだと感じました。


その海、ほろ苦ラムネ味 佐倉治加さん サークル名:月ノ杜舎

…風が渡る水田は、寄せては返す波濤に似て。吹き抜けていく風の音もまた、波の音に聞こえるようで。時代の波にもまれて変わっていく故郷、そして自分達。いつまでこの光景を拝めるのか、不確定な未来が光る、爽やかな作品でした!


緋の縅 うさうららさん サークル名:花うさぎ

…退廃的で、だからこそ美しい幻影。言葉少なに語られているのに、目の前で同じ景色を見ているような錯覚さえおぼえる、匂い立つような廃墟の光景。イラストと相まって、とても素敵でした!


海を探しに 野本 智海さん サークル名:ハーレムタイガー

…きっと誰が悪いわけでもなくて、でもお互いの見ているものがあまりにも違いすぎて。それゆえの擦れ違いが積み重なってしまったのかな、と。「海」は見つけることが出来なかったけれど、今度はきっと、見つけられることを祈って。


波をきけ 紺堂 カヤさん サークル名:つばめ綺譚社

…新しい時代の波。打ち寄せるそれは荒々しくも、きっと善き変化をもたらすものなのでしょう。次の世代は確実に育っている。人を育むのもまた、時代という大きな流れなのですね。


いつか、世界の果てで 春木のんさん サークル名:chiche – シシュ -

…語り手と「あの人」との間に何があったのか。かつて森に暮らしていた語り手は、なぜ潮騒の響く浜辺に暮らすことになったのか。背景が気になるお話。
「すべてを解放してくれる」と信じた目の前の海は、穏やかで美しく。それが救いなのだろう、と感じました。


海のばかやろー 長渕水蓮さん サークル名:睡水庭園

…背中を押すのも、足を止めるのも、結局は自分自身だから。海は全部受け止めて、零した涙の分だけ、恥も外聞もなく叫んだ分だけ、きちんと返してくれたようで。


セパレイト・ブルー ~人魚と天女~ チカヨミ・メンバーズさん サークル名:チカヨミ

…短歌と小説が織りなす、現代とファンタジーとSFの融合! 文字の可能性って無限大だな、と思いました。

プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード