FC2ブログ

MEMO

Archive2014年02月 1/1

インフルエンザで倒れておりました……

No image

 実はバレンタイン前から体調崩してたんですが、風邪と花粉症の出始めだとたかを括っていたんですね。 で、2/16の朝になったらいきなり38℃台の高熱を叩き出しまして(>_...

  •  0
  •  0

140字SS・『隠れ家』と『晩餐』

No image

 六回目の「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「隠れ家」と「晩餐」でした。 なんて心そそる組み合わせ(笑) チーズと黒パンという質素な晩餐を見て、思わず苦笑を漏らす。「だと思ったぜ」 差し出した葡萄酒の瓶を見て、司祭はにやりと笑ってみせた。「分かってるじゃないか、小僧」「酒が飲みたいがために、わざわざ部屋を借りるとは、あんたも酔狂だよな」「何を言うか。隠れ家は男の浪漫だ」 解説は畳みま...

  •  0
  •  0

「星屑露天商」更新情報:チョコレート

No image

 web素材サイト「星屑露天商」:「加工自由な写真素材」→「チョコレート・004/005」をアップしました。 こちら、素材自体は2011年に作ってあったのに、うっかりアップを忘れておりました(>_...

  •  0
  •  0

140字SS・「雪」

No image

  「○○を使わない140字小説お題」、二回目。今回のお題は「雪」です。 何気なく窓の外を見れば、音もなく舞い降りる白いひとひら。その儚さに見入っているうちに、いつの間にか辺りは一面の銀世界へと変貌を遂げていた。 歓声を上げて飛び出していった少女を眩しそうに見やり、開け放たれたままの扉をそっと閉じる。 歓喜よりも寒さが勝るのは、大人になった証だろうか。 解説は以下に~(^o^)...

  •  0
  •  0

140字SS・「曲がる」

No image

 KaLさん作の「○○を使わない140字小説お題」を早速やってみたところ、お題は「曲がる」になりました~。 というわけで「曲がる」を使わずに140字小説、でございます。男の手の中で、銀色のスプーンがみるみるうちにその優美な形を変えていく。すっかりえび反りになったそれをすいと撫でれば、一瞬のうちに元の姿に戻るスプーン。『種も仕掛けもありません』と画面の中で微笑む男と対照的に、ケイさんの顔は真っ赤に染まっている...

  •  0
  •  0

140字SS・『夢』と『目覚め』

No image

 五回目の「140字SS用に2つのお題を用意しったー」。お題は「夢」と「目覚め」でした。 この並びで出題されちゃったら、もう「アレ」にしか思えなくって……(^_^;)たどたどしい子守歌に導かれて、穏やかな夢を見る。やがて浮上していく意識の先に広がっているのは、彼女だけの夢の時間。月明かりのスポットライトで踊れば、おもちゃ箱の住人が万雷の拍手を鳴らす。やがて小鳥の囀りが、夢の終わりを告げるまで――。彼女の夢は、か...

  •  0
  •  0

TRICK"STAR";Trick! [PROGRAM]Episode03:Change ~妖精の娘~

No image

 TRICK"STAR";Trick! [PROGRAM]Episode03:Change ~妖精の娘~をアップしました! 確認したら、Episode:02の更新が2010年12月……!! 長らくお待たせしました あまりにも昔のことなので、企画のご説明など。 こちらは2010年の夏に毎週更新していた「A to Zで26のあらすじ」というお題で発表していた「あらすじ」を、改めて小説化したものです。 この物語は基本的に「30分枠のアニメ」を想定して作成しております。小説がA...

  •  0
  •  0

COMITIA107レポート

No image

 本日はCOMITIA107でございましたー! 今回は直前まで参加できるかどうかが分からなかったのでサークル参加できなかったのですが、どうにか当日体が空いたので一般参加してきました(^o^) いやー、暖かかったですねー! 動き回るので上着を脱がないでもいいように薄着で行ったのですが、それでも歩いていると汗ばむくらいでした。 今回はとにかくずーっと人が途切れない感じだった気が。それとは対照的に、あちこちでサークル...

  •  0
  •  0