FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

COMITIA122レポート☆


 昨日ビッグサイトで行われましたCOMITIA122に委託参加してまいりました!

 委託と言っても別名義サークルでの参加だったので、ワタクシはずっと会場にいたわけですが(笑)

 出発時は物凄い雨→車で会場に着いたらまさかの地下駐車場満車で、見事に出鼻をくじかれましたが(>_<) 午後からは晴れて本当に良かったです。

 今回は2スペース合体で参加していたので、机一個分をまるっと使えたのがとても楽でした~!
 
comitia122.jpg

 一応、自分の本も一通り持っていったんですが、この並べ方が一番落ち着くかなーと思いました。(右側に「でんたま」関係をまとめて、「ダンダン段ボール」にはそれ以外(場所の都合で「Letters」は棚に置きましたが)をまとめる形にしてみました)
 
 また、今回は2スペースで余裕があったので、ポスタースタンドを机に密着させて置いてみたのですが、これが安定感&安心感があって良かったです! いつもポスタースタンドを椅子の後ろに置いておくと、座っている時に頭が当たったり、人が通った時にポスタースタンドが揺れて倒れそうになったりと、トラブルが絶えなかったので……。(ただし、1スペースでそれをやると、視界をふさがれるので接客できなくなりますが)

 文芸とは全く異なる「少年マンガ」ジャンルにいたのですが、沢山の方が遊びに来てくださって本当にありがとうございました!

 知り合いのいる「文芸」島が「少年マンガ」とは見事に端と端の位置関係で、交代でお買い物に出た時にえっちらおっちら遠征していったのですが、ちょうどすれ違いでお会いできなかった方もいらっしゃって(;O;) 残念無念!!


 個人サークル「星明かり亭」・主宰サークル「空想工房」共に、これで年内のイベント参加は終了です。
 来年は……2月のCOMITIA123に出てみようかどうしようか悩み中です。


 突っ込んだ感想は以下に。

 今回は「少年マンガ」ジャンルに委託という形になった訳ですが、正直、まったくの別ジャンルにいると、見事に素通りされるなーというのは毎回の感想です。

 昔、まだ「文芸」というジャンルがなく、小説も評論もエッセイも詩歌もまとめて「文章」というジャンルにまとめられていた時は、「これじゃ何だか分からないだろう」と思って「SF・ファンタジー」ジャンルに参加しておりました。

 やっと「文芸」というジャンルが出来た時、嬉々としてそちらに参加したら、今度は「文芸」の中の作品傾向ジャンルがまったく考慮されない配置になっており、「これじゃファンタジー作品を求めてくる人に届かない」と考えて、結局「SF・ファンタジー」に居続けておりました。

 しかし、回を重ねるごとに「なんで小説サークルがここにいるの?」という視線を向けられることが増え、 また別名義サークルで参加する機会が多くなったので、最近は「星明かり亭」」としてサークル参加することもほとんどなくなってしまいました。

 次のCOMITIA123には、珍しく「星明かり亭」として出られそうな感じなので、スケジュール的に出られそうなら「文芸」ジャンルで参加して、「コミティアではもう、同人小説は見向きもされないのか」を検証したいと思っています。

 元々コミティアは「漫画」が主体で、それ以外のジャンルを目当てに来る人は少ない印象です。(最近では雑貨ジャンルが台頭してきたので、またちょっと変わってきたかもしれませんけど)
 かつては「文章」というジャンル名だったのも、同人小説より評論が根強かったからなのかな、と思っています。(未だに評論や検証系のサークルさんは根強い人気を誇っています)

 何にせよ、「せっかく頑張って準備して、当日も重い荷物を背負って参加してるのに、まったく見向きもされずに、しょんぼりして帰る」が続くと、私のような繊細さの欠片もない心でも、さすがに色々と削れていくので……_:(´ཀ`」 ∠):_

 あまりに傾向が合わないなら、どこかでちゃんと決断しないと。

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード