FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

Twitter300字ss・「新しい」


 300字という字数内で一週間掛けて完結した小説を書き、それを公開して交流や宣伝に役立てようという「Twitter300字ss」。
 第四十一回目のお題は「新しい」です!


『新緑の季節』

 ついこの間まで寒風が吹き荒れていたというのに、気がつけば花の季節が過ぎて、木々は日毎に青さを増していく。
 遥か頭上に揺れる世界樹の枝もまた緑に染まり、陽の光を浴びて光り輝くようだ。
「いい季節になったねえ」
 裏庭に寝転がり、木漏れ日に手を伸ばせば、爽やかな風が吹き抜けていく。
「こんな日は店に篭ってないで外に出ないとね」
「そういう理由で店を閉めるな!」
 どこからともなく響いてきた怒声に、おやと顔を上げれば、板塀の向こうから覗く紺の帽子。自慢の翼を使えば塀などひとっとびだろうに、そうしないところが実に彼らしい。
「お仕事ご苦労さま~。手紙? 小包?」
「どっちもだ。さっさと店を開けやがれ、このぐうたらエルフ!」


『ライトスタッフ』

 まったくもってついていない。魔術が暴走して足を怪我したばかりか、愛用の杖まで壊してしまった。
 腕の良い魔術士ならば杖がなくとも支障ないのだろうが、いかんせん集中力に欠ける私にとって、補助道具である杖は必需品だ。仕事のためにも新調するしかない。
 馴染みの魔術道具店へ駆け込み、間に合わせでいいから、と頼み込めば、訳知り顔の店主が出してきたのは――どこからどう見てもごく普通の青年。
「杖です。あなたを支えます。どうかそばに置いて下さい」
 真顔で懇願されても困ってしまう。どういうことかと視線を投げかけるも、老獪な店主は澄まし顔で沈黙を貫いている。
「……それじゃあ、ひとまず肩を貸してもらえる?」
「よろこんで!」





『新緑の季節』

 …『垂れ耳エルフと世界樹の街』より、裏庭で昼寝するぐうたら店主と、律儀な郵便配達人の小話(^^ゞ
  「新しい」というお題を見てぱっと思いついたのが「新緑」だったので、こんなお話に。

 これはまだ、お人形ちゃんことリリル・マリルがいない頃のお話。
 オルト君は律儀なので、空を飛べば簡単に塀を越えられると分かっていても、許可なく裏庭に押し入ったりはしないのです(^^ゞ
 (鍵を渡されて店に出入り自由になるのは、約一年後のお話)

 しかし、「店に篭ってないで外に出ないと」と言いながら、裏庭に出ただけというのも、ちょっとどうかと思います(^_^;)
 余談ですが、「ユージーン骨董店」の裏庭は結構広いので、お洗濯物が干し放題です。
 まだこの頃はハンモックがなくて、故に彼は地面に直接寝転がっております……。ぐうたらにもほどがあるだろう……(*_*)


『ライトスタッフ』
 …こちらは以前ツイッターで書いた#twnovelのリメイク。
 タイトルは「Right Stuff(適任)」でもあり、「Light Staff(光の杖)」でもあり(笑)
 このあと、工房まで肩を貸してもらった魔術士は、「杖」だと主張する青年に身の回りの世話をしてもらうんじゃないかな、と(^^ゞ

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード