FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

テキレボアンソロ「海」感想呟きまとめ・5


 4/16より順次公開されております「第7回webアンソロ「海」」の感想をまとめたものです。
(十五作品ずつまとめております)




海の子霊 天野はるかさん サークル名:HAPPY TUNE

…切ないお話。ただ「遊びたい」という無邪気な願望は、無邪気過ぎるゆえに残酷な結末を迎えることも。「道連れ」にすることでどんどんと仲間を増やして、それはそれで楽しいのかもしれないけれど、残される方はたまったもんじゃありません。


夜海に響く祈りの歌 唯月湊さん サークル名:神様のサイコロ

…「声」を頼りに海辺の町を訪れた司祭様。声を発しない代わりに空中に文字を書いて意思疎通をするというのがとても神秘的! 彼が声を発しない理由と物語の結末が、全てタイトルに帰着していて見事です。宛名のない手紙は、いったい誰に対して書かれていたものなのか……。


塩の湖 PAULA0125さん サークル名:いくそす。

…聖書には詳しくないのでWiki先生に頼ってみたら、ああなるほどあの方ですかね……。あの地において、「うみ」といえば「湖」であるのだということがまず目から鱗だったのと、後継ぎであることの息苦しさに反発できることこそが子供である証拠だということが、胸に染みました。


雨の海 モリモトさん サークル名:42101

…おお! 絵と文章が一体となった作品は初めてお見かけしたかも! オープンカーでヒッチハイク。行き先は「雨の海」。なんだか幻想的なロードムービー。寄り道したりアクシデントに遭いながら辿り着いた先は、想像とはずいぶん違ったようだけど、これはこれで楽しい道行き。お帰りも是非ご一緒に。


パトリツィアの場合 丹羽夏子さん サークル名:イノセントフラワァ

…うう、姉の想いが重い(ギャグではなく!) すべては双子の弟のため、その想いがあまりにも一方通行過ぎて、パトリックはどう受け止めていいのか、それとも受け止めない方がいいのか、もう自分でも分かりかねているような。でもこのお姉さま、その辺も全部織り込み済みな気がして怖いなあ……。


海に臨む砂漠 古月玲さん サークル名:サテライト!

…砂漠で海を語る旅人と、砂漠しか知らない遊牧民の会話。正反対なのに性質が似ている砂の海と水の海、そこにしがみついて生きるもの、逃げ出したもの、そして一度は離れ、やがて舞い戻ったもの、様々な命のありよう。雄大な時の流れの果てに広がり続ける砂漠と海。そして命はどこに行く着くのかな。


海景 一福千遥さん サークル名:絲桐謡俗

…軽快なやりとりからはじまって、次第に見えている景色が変わっていく感じが見事でした。砕け散った思いの欠片、美しいヴァイオリンの旋律。いつかすべての欠片が集まった時、何かが終わって、新しい何かが始まるのかな、とも。


海底657フィートのモルゲンロート 紙箱みどさん サークル名:まよなかラボラトリー

…冒頭のBGMで「あっ」ってなりました(^^)/  キリン装備は(露出度も含めて)かわいいですよね……(#^.^#) すべてのものは海で生まれたので、遺伝子の奥底に海への回帰願望があるのかな、とか思いつつ。
人のプレイを見るのも面白いですが、みかんちゃん、自分でやり出したらすごくハマりそう。


さかなは鯨の夢をみていた たまきこうさん サークル名:四季彩堂

…かぐや姫が月へと還るように。海へと帰っていった「白い鯨」。ああ、だからこそ彼女の家族は、海へ行くことを渋っていたのかな、とも。まだ自由恋愛が許されない時代、親の決めた縁組だとしても、確実に恋心を育んでいた二人であろうに、切ないなあ……と思いました。


カラスの夏休み ヒビキケイさん サークル名:シュガーリィ珈琲

…悪天候の中でバーベキュー&海水浴を強行とは強い……(^_^;) そしてみんな、休みの日だというのに仕事道具ばっちり持ってきてるところがもう、職業病以外の何物でもないですね(^_^;) このあと、唇真っ青にしてがたがた震えながら海から上がってくるみんなの姿が目に浮かぶようです。風邪ひくなよー!


吸血鬼氏の家政婦さん・吸血鬼と海 宮田 秩早さん サークル名:バイロン本社

…うおお、吸血鬼宅で家政婦のバイト! これぞまさに趣味と実益を兼ねたお仕事ですな!
 吸血鬼なのに「海に行きたい!」はなかなか難しい要求ですが、まあ色々あったけど念願の海を堪能(どころの騒ぎじゃなかった?)できたようで何より。次は「日焼けがしたい!」とか言い出さないだろうなあ……。


ノーマル・ライフ 歌峰由子さん サークル名:N.T.P

…美郷くんにとっての「普通」が他の人の「普通」と違うように、そも「普通」なんてのは平均値であって、普遍的に存在するものではないのだなあ、と思い知らされたお話。自身の「普通」に向き合うことは難しくて、それでもその道を選んだ美郷くんは、本当に「かっこいい」し「強い」と思いました。


20,000 miles away 佐々木海月さん サークル名:エウロパの海

…人ではない彼らが、かつて人が残したものを調べ、推理し、夢想する。
廃墟と化した世界の、どこかカラン、とした空気感が伝わってくるお話でした。
「みんな、ただ、焦がれただけだよ」という言葉がとても沁みます。そう、みんな手の届かない何かに必死に手を伸ばして来たんだなあと。きっと、彼らも。


水底の葬列 萩尾みこりさん サークル名:AL-Mina plus

…うっかり水底の葬列に巻き込まれてしまった主人公、無事戻れてよかったですな……そのまま海の仲間になるエンドに突入するかと思ってヒヤヒヤしましたわ。そして、彼がずっと握っていたものは何だったのだろう、と。地上へと導いてくれた小さな手だったのか、それとも己の命、だったのか。


彼女の大嫌いな理由と大好きな訳 夢美夜紅々さん サークル名:夢紫乃書

…魚人と天使の異種族婚! なかなかない組み合わせですが幸せそうで何よりです。素朴な疑問ですがサメの魚人って真水のプールに入って大丈夫なんだろうか(いや問題はそこじゃない)

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

seeds

  • Author:seeds
  •  オリジナル小説サイト「星明かり亭」を運営するへっぽこモノカキ(^^ゞ
     猫好きだが猫アレルギー……orz

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

twitter

ブログ内検索

でんたま成分解析

月別アーカイブ

RSSフィード