FC2ブログ

MEMO

日常の呟きから小説裏話まで

Top Page › イベントレポート › COMITIA130レポート☆
2019-11-25 (Mon)  22:28

COMITIA130レポート☆


 昨日ビッグサイトで行われましたCOMITIA130に委託参加してまいりました!

 別名義サークルでの参加で、ジャンルは「少年マンガ」にいたのですが、今回も机上は私の本とカケラで埋め尽くされているな…すいません……。

EKGjenOUYAA6b9N.jpg

 ↑ こちら側は別名義サークル「高千穂大学漫研OB有志会」の会誌&サークルメンバーの個人本コーナー。

EKGjf9BUUAE_NG3.jpg

 ↑ こちら側に「カケラ」と「空想工房」メンバーの個人本をまとめました。

 今回は、新たに導入した「スマート本棚S」を使ってみました! A5サイズが4冊並んで、更にたためばA4サイズに収まるというコンパクト仕様に惹かれまして……。

 カケラ×4が乗ってるのが「スマート本棚S」ですが、サイドに仕切りがないので、横にずれて落ちてしまいそうなのがちょっと不安でした……。

 さて、別名義サークルでの参加なので、配置が文芸島と遠く離れてしまいまして(/_;)
 なので、「カケラ Vol.04&05」は文芸島に配置されている、空想工房メンバー・杏烏龍さんの「五里のさと」さまにも置かせていただきました!
 それを届けるため、開場前にえっちらおっちら遠征していったんですが、馬鹿正直に西1ホール→西2ホールをぐるっと回ってしまいまして(´д`) アトリウムを横切れば早かったんや……!

 何とか開場前にはスペースに戻れたんですが、開場15分前くらいに真後ろのシャッターが開きまして、そこに一般入場待機列が……! えっ、そこから入れるの!? と思ったら本当にそこから入ってきた!! 以降、お昼過ぎまで入場列が途切れませんでしたね……凄い人だった……。

 途中、離席してお買い物に行ったんですが、一階を回るだけでもうヘロヘロになってしまって、上の階まで行けなかった…(/_;)

 また、今回も文学フリマ東京と同日開催だったため、少し早く撤収して文学フリマ東京参加組と合流し、タピオカアフターをしよう! という話をしておりまして。(本当はテキレボ9後に浅草でやる予定だった)

 遊びに来てくださったKaLさん&かんじさんと一緒にビッグサイトを離れ、流通センターへ向かったのですが、初手から

「ゆりかもめで天王洲アイルへ行って、モノレールに乗り換えれば良いんだよ!」

 という見事な勘違いをし(経路検索したのに、りんかい線をゆりかもめと勘違いしていた)、ゆりかもめの切符売り場でKaLさんが「ねえ、路線図に「天王洲アイル」ないよ…・?」と気づいてくれなかったら、危うくとんでもない遠回りをするところでした……KaLさんありがとう……\(^_^)/

 慌ててりんかい線に向かい、「天王洲アイル」でモノレールに乗り換えて、無事「流通センター」に到着(^_^;)
 何とか文フリ閉会前に辿り着けてほっとしました……。いやほんと、余計なところで時間食ってばっかりで申し訳ない……。(撤収後も、宅配搬出が混んでて15分くらい並ぶ羽目になった)

 文学フリマ東京の会場で、タピオカアフターメンバー(なんと総勢八人)と合流! 有楽町まで移動してタピオカ飲んだりご飯食べたりして過ごしました~\(^_^)/

 いろんな話をしていましたが、

「空想工房メンバーはみんな生き残ってる」
「美少女の気持ちになって蟹を食べる」

というパワーワードが……www

 生き残ってる云々は、要するに「メンバーの入れ替わりが激しくない」ということなんですが、「作中人物がバタバタと死んでいく」という作風(っていうのか?)のメンバーが複数いることもあって、ちょっと違う意味に取れたよね(笑)

 空想工房メンバーのほとんどは、元々個人サイト同士の付き合いから始まっていたり、その流れで個人のアンソロにお互いに参加し合ったりして、信頼関係を築いた上で結成しているので、「音楽性の違い」とかで離脱とか解散とかはしないと思います(^_^;)
 あと、全員が「個人サークルでイベント活動経験がある」人なので、イベントの決まり事とか、イベント合わせの〆切設定とか、みんな分かってるっていうのも強みだと思います。

 また、「カケラ」で扱ったことのないジャンルって何かなあ、という話を道すがらしていて、その話もご飯の時に出たりしたんですが、「スポーツもの」「歴史物」「恋愛」「ホラー」あたりはまだやってないねえ、という話に。
 
 次の直参イベントはー、という話も出ましたが、今のところ申し込んでいるのは2月の「COMITIA131」だけですね。5月の文フリ東京をどうしようか悩み中です。あと秋のテキレボ10は確実に直参します。

 ちょっと間が空くので、それまでは個人通販またはBOOTHをご利用ください。

 ※小田島の個人頒布物は「星明かり亭」、会誌は「空想工房」とBOOTHのアカウントが分かれております。ご注意ください。また個人分に関してはサイト「星明かり亭」内の自家通販もございます。(こちらの方が送料はお得ですが、BOOTHはクレジット決済や匿名配送が可能です)


 イベントに関する所感はたたみます~。


・今回は参加希望が多かったため、久々の抽選となりました。うちは受かったのでほっとしましたが、蓋を開けてみたら、「グッズ」と「アダルト」がごそっと減った感じがしましたね。
 グッズに関しては、一週間前にデザインフェスタがあったせいもあるとは思いますが……。

・年々「イラスト」が増えていますね。ジャンル別配置図を見る限り、今回は西3・4ホールの半分以上がイラストジャンルでした。そして、イラストとイラストの間に挟まっていた「評論・情報」ジャンル……あの配置は謎……。

・アトリウムに企業出展が集められていたんですが、まさか高級チェアの試乗をやるとは思わなかった……。漫画家さんの必須アイテムとも言われた、伝説のアーロンチェアも来てた……。

最終更新日 : 2019-11-25

Comment







管理者にだけ表示を許可